どこでも参上2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 蜃気楼は夜明けからも出現する!定説がどんどん覆される!

<<   作成日時 : 2016/03/18 20:57   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

2016年3月17日、魚津からの景色で、「春型蜃気楼 第一号」が出現。ランクは”C”。

これは幸先の良いスタートであった。

私は17日、思い切り仕事。まあそういうこともある・・・・・。


そんな他人事のような出現であったものの、翌18日、朝から再び良い天気。

今日も出現するのか?


仕事の私は朝食を食べ終わり、出勤の支度前にパソコンを立ち上げる。

???

蜃気楼のライブカメラに釘付けになる。
画像


でてるやん!今、朝の6:25分だし!やばい、証拠写真を!

カメラって、スマホで良いか・・・。
画像


6:25 草島火力の煙突周りの建物が、低いなりに立ち上がり、四方方面にも広がる。

パソコンの画面をスマホでって、画面のドットとスマホのセンサーのズレで、縞模様が発生。

しかも、UFOまで出現。(うちのリビングの蛍光灯。LEDだし)
画像




さて、富山湾は凪(なぎ)。

朝から冬型蜃気楼になっておらず、生地の風景も揺らいでいた。
画像


普通なら、無風の朝。海は凪。立山連峰もスッキリ稜線が見える。

日が昇り、南西方向の微風の後、ゆっくり時間をかけて気温が上昇。

風は北を向き、北北東の風に変われば、生地の先端に蜃気楼の層が現れ、生地が変化。

その後、その変化が富山にも移って行く。


その道程を全く飛び越え、どこからどうなってこうなったのか・・・。6:28
画像



海岸線が太く伸び上がっているのが分かる。6:35
画像


気付いて直ぐに支度をし、車を飛ばしていたら、撮影に間に合ったかもしれない。

仕事の日はそういう訳には行かない。

又伸びてきた・・・。6:37
画像


これだけハッキリと見え、10分以上出てたから、D・Eランクぐらいは付いた。
画像


ただ、認定する立場の「魚津埋没林博物館」の学芸員の方は、

9時出社の為、現地での確認が出来ない。連絡も付かない。

もう一つ言わせてもらうと、このときの気象データを調べることが出来ない。

埋没林博物館の気象データは昨年秋からの更新が途絶えた。

いまの気温は?風向きは?風の強さは?全く分からない・・。これで良いのか?



黒部の吉田科学館の気象データも、参考にはなるが魚津から遠い。

6:37 これだけ安定した蜃気楼。果たして何時から何時まで出ていたのか・・・。
画像



休みの日、蜃気楼の予感がすれば、8時ぐらいには現地入り。

それでも苦にはならなかったし、それだけ朝早く出た事もあった。

ただ、6時半から出ているともなれば・・・・・・。もっと早くから行かないといけないのか?


ただ、記録としては価値があるのかも知れないが、

普段と違う変化で無い限り、そこまですることも無かろうか・・・。

6:37 最後の映像を撮影して、身支度して出勤した・・・。
画像




チューリップTVの気象データをスマホで開く。
画像


一つだけ言えることは、富山だけ気温が高かった。(6:20のデータ)

(富山の気温が高いのは珍しいことでも無いけど・・・。)


2016年3月29日(火)11:00から12:00まで、

魚津市立大町公民館にて、いよいよ昨年新設されたレーダーの実力を見ることが出来るようです。

詳しい事はここから。

富山情報ってところをクリックしていただければ、ポイントが付きます! あなたの応援、宜しくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村
ブログトップへどうぞ!http://81007166.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
宮川政昭氏は独自に気象データを記録しているようです。
http://www.sinkirou-uozu.jp/ksk160103.htm#d03
魚津蜃気楼研究会facebook管理人
2016/03/21 00:07
ちなみに、パソコン画面のハードコピー→保存は、[PrintScreen]機能を使った方法ででできます。
まずは映像を画面いっぱいに表示し、以下はPanasonicLet'sNoteの場合[Function]+[F12]が[PrintScreen]機能でハードコピーがクリップボードに保存されます。
パソコンによって多少異なるかもしれませんが、[PrintScreen]は大体ファンクションキー[Fn]と上部の[F12]かその前後の同時押しのはずです。[Fn]キーを押した直後に[F12]を一瞬押すという感じです。[Fn]キーを長押しするとファンクションキーの説明が画面に現れたるするので手早く行う必要があります。
その次に任意の画像処理ソフトを立ち上げ、[貼り付け]または[ペースト]、PhotoShopの場合メニューバー[新規]→[OK]で現れた新規画像に対して[ペースト]をすると画面が貼り付きます。それをjpgなどの画像として保存します。
魚津蜃気楼研究会facebook管理人
2016/03/21 10:31
パソコンの技、教えてもらってありがとうございました。今度はそれでやってみます。今年も一緒に特大の蜃気楼が見れたらいいですね。時間があればお越し下さい!
ノムさん
2016/03/21 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月5日、蜃気楼第一号が発生!蜃気楼シーズンの幕開けです!
蜃気楼は夜明けからも出現する!定説がどんどん覆される! どこでも参上2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる