どこでも参上2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 魚津の「沌滝(どんたき)」2016、やっぱり考えるべきものがあると思う・・・。

<<   作成日時 : 2016/09/11 11:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年9月7日、片貝川上流散策の後、「沌滝(どんたき)」へ。
画像


「沌滝」へ向かう前、北陸電力 片貝第二発電所の”沈砂池”。
画像


エメラルドグリーンの色合いに感激。
画像


この色を見れば、この付近の水質の良さを実感する。
画像



「沌滝」へは、一気に車で上がってきた。

さすがに道は狭く、道路脇の雑草も激しかった・・・。
画像


?掘り返した跡がある・・・。

これは・・・。イノシシとかそういった野獣の仕業?
画像


なんか出てこないよなぁ・・・。
画像


この「沌滝」も、魚津市水循環遺産。
画像


木がめくれるのは野獣の仕業ではないよなぁ・・・。
画像



三脚かついで・・・、やっぱり苦しい・・・。

片貝川上流で歩いたあと、そのままで来たし・・・。

この登りのきついこと・・・。ブヨも目の前を飛び回るし・・・。


やっと試練の場所に近づいた・・・。
画像


この沢を渡らないといけない・・・。
画像


今回は水量が極端に少なく、無事に渡れた。


この沢を渡ってからの急坂を登り、ようやく滝壺に到着。
画像


また・・・・。流木というか落枝というか、横たわっている・・。
画像


自然のままが良いと見るのか、滝への邪魔物は撤去するべきか・・・。
画像


私は、邪魔物は撤去して欲しい・・。
画像


私がやろうにも、絶対濡れるし、そういった装備はしてきていない・・・。

そこまでしてくる人はそう居ないはず・・・。


ゆっくり下りながら撮影していく。
画像


水、少ないなぁ・・・。
画像


画像


岩ばかりが目立つ・・・。
画像



この苔の色合いが良い!
画像


なるべくスローシャッターで水は流す・・・。
画像


場所的にも足場は良い筈も無く、注意は怠らない。
画像


怪我したら自己責任で。携帯電話の電波は届きます。
画像



ただ、私が思うには・・・。
画像


滝を見る為の環境ではない・・・。
画像


途中、沢を渡るところなど、決して安全では無い。
画像



メインの「沌滝」を見るのに、あそこへ行くのを断念した人も居る筈。

私もそうだったし・・・。
画像



魚津の観光資源を気軽に見に来てもらうためにも、

是非、この「沌滝」の整備はして欲しい。
画像


沢に橋を掛けろとか言ってるのではなく、回り道でも良いので、

見に来た人に優しい魚津の観光資源であって欲しい。
画像


立山町の「岩室 の滝」だって同市の「称名滝」にしても、富山市猪谷の「常虹の滝」でも、

どこの滝も、見に行く人に優しい道は付いている。

自然をそのまま見て欲しい・・・、って言うのなら、それは言い訳だと思うのだが・・・。
画像


ついでに滝壺の流木も取り去ってください。

魚津市に税金を払っている一市民より!

(富山市議会の不正は目も当てられない・・・。)


水の多い時の「沌滝」はこちら。



富山情報ってところをクリックしていただければ、ポイントが付きます! あなたの応援、宜しくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村
ブログトップへどうぞ!http://81007166.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月5日、蜃気楼第一号が発生!蜃気楼シーズンの幕開けです!
魚津の「沌滝(どんたき)」2016、やっぱり考えるべきものがあると思う・・・。 どこでも参上2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる