どこでも参上2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 舟見城址館からの眺望!工事中なので雪の中を歩いて上る。

<<   作成日時 : 2017/03/07 17:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年3月7日、寒波再来で、雪の降った日。
画像


富山県下新川郡入善町舟見の「舟見城址館」を目指す。

あー、まだ工事中か・・・・。
画像



いつもの私なら、止めていた・・・。

しかし、夏には雄山の登山もあるし、体力をつけて行かないといけない。

歩いて行く!


ふなみの湯(ふれあい温泉)が見える。
画像


工事中であろうが、その脇を歩いて行くつもりだった。

?舟見山自然公園遊歩道?
画像


そんなのあるんだ・・・。500m、15分、楽勝じゃないか!

ありゃりゃ・・・・。枯葉でぐちゃぐちゃな道・・・。
画像


本当に登れるのか?

100mぐらい歩いて、道が無くなりかけたところに・・・、ここから!?
画像


遊歩道って、登山道の方がまだ綺麗じゃん・・・。

雪で空は暗いし・・、薄気味悪い。
画像


ずっと上りで息があがる・・・。駄目だこんなことでは・・・・。

でかい岩・・。
画像


橋が・・・・。
画像


水場・・・・、いかん、長靴が埋まるぐらいのぬかるみ。
画像


風で木の上の雪が落ちてくる。昨晩から今朝までに積もった雪のようだ。
画像



到着!やっぱり15分で到着。ここに出るんだ。
画像



思ったより雪は少ない様子。前日には雪が無かったのではないか?
画像


藁葺きの「山の本陣」が見える。
画像



雪の舟見城址館。
画像


3月末までは冬季休館。
画像


歩いて来ただけに、しかも何年ぶりになろうか・・・・。
画像


工事が始まったのが、平成27年4月〜ということで、約2年前から来ていないことに・・・。
画像


ここからの眺めは、となみ夢の平 散居村展望台ほどでは無いものの、

入善の平野が一望できる。
画像


あ!看板新しくなった?
画像

画像


ちょっと木々に遮られるものの・・・。
画像


これがここからの眺め。
画像


昨晩から今朝の雪が積もっていた。
画像

画像



北陸新幹線は、さすがにここからは遠い。
画像


ここの城址の海側からは、どこからでも眺望が出来る。
画像


散居村っぽくも見える。
画像

画像



発見!
画像


UFO?
画像


米どころ入善町、さすが田んぼが広々。
画像


吹雪いて来た、寒い・・・。

そろそろ下りよう。


さて、城址館の上からはこんな感じ。邪魔者が無いので、広々見渡せる。
画像




さっきの藁葺きの「山の本陣」、部分的に藁を交換した?
画像


誰も歩いた跡は無い。当たり前か・・・。
画像


ごうごうと音を立て、杉の木が吹雪に唸る。
画像



さて、下り口はここやった。
画像


やっぱ、不気味や・・・・。
画像


下りはこけそうで危ないけれど、上りより楽だ!
画像


あっという間に、もう下の道が見えた。
画像


雪が多く降りだした。
画像


上がるのが10分遅れていたら、雪の為展望は悪かったに違いない。
画像


3月24日までで終わるんだろうなぁ・・・。(始まりはもっと前からだった。工事が切り替わった?)
画像


あー、もう今から上がった何も見えなかった。ラッキーだった。
画像



となみ平野の夕景に匹敵するか!?

いや、となみでは見れない、富山湾がコラボ出来る。

舟見城址の夕景。(田んぼの水はりの時期がお勧め。)
画像


これを見ないと・・・、車で城址まで上がって来ないと、帰りが暗いので!
画像


富山情報ってところをクリックしていただければ、ポイントが付きます! あなたの応援、宜しくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村
ブログトップへどうぞ!http://81007166.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月5日、蜃気楼第一号が発生!蜃気楼シーズンの幕開けです!
舟見城址館からの眺望!工事中なので雪の中を歩いて上る。 どこでも参上2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる